BLOG OF
TANUKIGUMA
~趣味と思いつきの記録~
Z125 PRO

Z125 PRO チェーン調整

Z125 PRO チェーン調整

Z125PRO チェーン調整の記録です。
適当な(ほどよい)調整ですのでメンテナンスはバイクショップに任せましょう。

Z125PROのチェーンサイズは420/100Lです。ノーマル状態ですとノンシールチェーンを装備しています。


チェーンの遊びを確認するにはセンタースタンドやレーシングスタンドを使って、バイクを垂直に立てた方が正確にできます。が、レーシングスタンドを持っていないのでサイドスタンドで勘弁して下さい。


後輪アクスルシャフトの割りピンをペンチで真っ直ぐにして外します。


アクスルシャフトは14mm(左)ナットは17mm(右)で、ナットを緩めるとアクスルシャフトも回りだします。
写真のようにアクスルシャフトの左側にメガネレンチ等をかけて供回りしないようにしてナットを緩めます。


アジャスターのロックしているナット(12mm)を緩めて、アジャストナット(14mm)を締めていけばチェーンが張っていきます。


左右とも同じように調整します。左右のバランスはメモリがありますので、左右同じ位置になるようにします。

チェーンの遊び確認はフロントスプロケットとリアスプロケットの中央あたりでチェーンを上下させて、20~35mmの範囲ならOKです。
後は逆の手順でアジャストナット(14mm)をスパナで押さえながらロックナット(12mm)を締めます。
アクスルシャフトのナットをえいやで締めます。(安全の為、トルクレンチを使って下さい)
割りピンを元に戻します。(安全の為、新品を使って下さい)

チェーン調整は3473km 4604km 6143kmの時に実施しました。チェーン給油も2000km毎に実施してますが、もっと短いサイクルでの給油を推奨します。また、雨天時に走行した場合はチェーンオイルが落ちてしまいますので、早めのメンテナンスを進めます。

2019.5.12更新
走行距離7020kmでチェーン調整を実施しました。
今回の調整で一番後ろのメモリになってしまいました。
これ以上、調整ができませんので次回はチェーン交換となります。

チェーンの簡単な解説
・シールチェーン
グリスが入っているチェーンのこと。ピンとブッシュの間に封入されており、摩擦を防ぐ。
・ノンシールチェーン
上記グリスが入っていないチェーン。
・チェーンサイズ
チェーンサイズはインチ表記で、チェーンピッチと内リンク内幅を表し1インチを8等分しています。(1インチ=25.4mm)
420の4は4/8インチ(12.7mm)
420の20は2.0/8インチ(6.35mm)
ということでミリメートル表記でチェーンピッチが12.7mm、内リンク内幅が6.35mmのチェーンとなります。
・リンク数
1リンクはプレート部分のことで、内プレートと外プレートの枚数を数えていきます。
100Lはプレートが100枚となります。

HOMEZ125PROのページ



RELATED POST