BLOG OF
TANUKIGUMA
~趣味と思いつきの記録~
Z125 PRO

Z125 PRO タイ仕様について

Z125 PRO タイ仕様について

・タイ仕様とは

Z125 PROはタイで生産され、車両仕様として日本仕様、インドネシア仕様、マレーシア仕様、タイ仕様があります。日本仕様とタイ仕様の違いは、車両本体ではカラーリングの違いと、車体番号が日本仕様はBR125H-A*****で、タイ仕様はJKABR125HHDA*****となります。平行輸入車として販売されているタイ仕様は日本仕様にないカラーリングで、取扱説明書はタイ語です。

・Z125 PROの正規輸入車と平行輸入車

オートバイ輸入の流れは

正規輸入車・・・海外メーカー → 日本の正規代理店 → 日本の販売店 → 消費者

平行輸入車・・・海外メーカー → 海外の小売店・販売店 → メーカーと直接関係がない第三者が購入して輸入 → 日本の販売店 → 消費者

となっています。

日本仕様は、正規輸入車として株式会社ブライトがオートバイをタイから輸入し各販売店に卸販売を行っています。日本モデルの正規販売を行っている株式会社カワサキモータースジャパンと業務提携している為、日本国外でリコールが発生した場合でも無償による修理が可能です。

タイ仕様は、日本の正規代理店を通らない経路で輸入されています。平行輸入車のデメリットは、メーカー保証が受けられない可能性がある為、販売店が保証することになりますが、販売店が潰れてしまった場合、部品の供給や大規模なリコールが発生すると対応が難しいことです。心配な方は、大手のインポーターをおすすめします。平行輸入車に対して対応力が違う為、問題無いでしょう。

部品供給の点は、Z125 PROは日本仕様もタイ仕様もタイで生産されています。上記でも書いたように、車両本体に違いはないので部品供給の不安はありません。

☆まとめ☆

部品供給に問題はありませんが、メーカー保証が受けられない可能性がある為、購入時に販売店がどこまで保証してくれるか相談しましょう。私の経験として、平行輸入されたオートバイの製品欠陥によるトラブルでメーカーに問い合わせしたところ、正規代理店を通っていない為、保証外との回答を頂き販売店で対応したことがあります。

HOMEZ125PROのページ






RELATED POST